「Linen and thread」mysterySAL-9月

未分類

年が変わって、2021年になってしまいました。
完成まであと少しだと思った8月から半年経ってやっとです。
半分以上出来上がったし、このままも嫌だし、完成させたいし。
少しくらい時間を作ろうと思えば作れるだろうと思っても、なかなか難しく。
やっと一区切りついたので、一ヶ月分すすめました。

9月

モチーフとモチーフの間隔が広く、目印もほとんどなくて、目数を数えるのに苦戦しました。
小さなモチーフが3つと、大きいモチーフが一つというデザインで、間違いやすいところもなかったように思います。
目数を数えるので、今まで刺していた部分に近い左寄りの小さなモチーフから進めました。一気に刺し進めると、数時間で完成するのではないかと思います。

材料

●生地
  Zweigart Belfast (ツヴァイガルト ベルファースト)
  101 オフホワイト
  32ct 
  53㎝×53㎝(32ctで作った時に、必要な大きさです。)
●糸
  MATALBON(マタルボン)
  321番
➡︎2本取りで、2本の布目を挟んでクロスステッチ(2over 2)
どちらも越前屋さんで購入

まとめ

今回もイニシャルは刺しませんでした。なくてもいいんじゃないかな?とも思えてきたけど、やっぱりイニシャルの場所の空間が気になります。
全体のデザインとしては、イニシャルが入って完成するバランスだし。
さーて、何にしよう。
身近な家族から考えると、3人が同じなので二種類というバリエーションのなさ。
頭を緩めて考える必要がありそうです。
次10月分、楽しみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました