<
スポンサーリンク

Fremmeカレンダー2020年1月

フレメ 1月完成クロスステッチ

2020年は fremmeのカレンダーに挑戦することにしました。

Gerda Bengtson(ゲルダ ベングトソン)さんのデザインが

一年を通して楽しめます。

早速、1月の図案が完成しましたので、ご紹介します。

フレメ 1月完成

フレメ カレンダー2020

毎年、デンマークのfremme(フレメ ) から発行されているカレンダーです。

以前のカレンダーも人気で、中古品としても手に入れるのが困難な年もあります。

今年2020年は、Gerda Bengtson(ゲルダ ベングトソン)の

過去の作品を集めたカレンダーとなっていました。

過去のデザインなので、ゲルダさんの図案集を多くお持ちの方は

重複するかもしれませんね。

フレメ 2020表紙

1月のデザイン

1月は、BurnetSaxifrage(バーネットサキシフラ)

Pimpinella saxifraga(ピンピネラ サキシフレイジ)という植物でした。

日本にあるホワイトレースフラワーに似ていますが、名前が違ったようです。

どちらにしてもセリ科なので、私には区別がつきませんでした。

図案

フレメ のキットや書籍と同様の図案となっています。

白黒表示で、バックステッチなどは、慣れないと少し見辛く感じます。

1月の図案は、もともとの花が小さな花なので、図案も細かいものとなっています。

でも、花がいくつかの枝に別れているので、比較的作業しやすいように思えました。

細かいけれど、花の部分が出来上がっていく様子が、楽しめました。

ピンク色を刺して、その間に白を差し込んでいくと

小さな花が咲いていく様子が見えてきて夢中になり

早く完成させたくて、手が止まらなくなりました。

フレメ 1月−2

使用した資材

今回使用した資材です。

●生地
 WICHELリネン 32ct Natural Brown Undyed
 31㎝×31㎝

●糸
 フレメ の花糸
➡︎1本取りで、2本の布目を挟んでクロスステッチ(1over 2)

少し張りのある生地で、布目の詰まり具合も、程よく扱いやすい印象でした。

ただ、生地と糸の摩擦が生じやすい刺し方をすると、

花糸が痩せていく可能性もあるように感じました。

製作時間

参考までに、私の作業時間を測ってみたのですが、

これは随分と個人差があると思われますが、だいたい17時間程度となりました。

これは、刺している時間だけですので、事前準備である布を選んだり、

図案にガードを記入したりする時間は含んでいません。

まとめと感想

クロスステッチに関して、初めて時間を測って製作してみました。

このくらいのボリュームだと、毎日1時間弱の製作時間で

一ヶ月あれば完成できるんですよね。

毎日時間を作って作業をするのは

いくら好きなことでも、他のことが気になる時は難しいかもしれませんが、

届いた時から、どのデザインも作ってみたいと思ったので

ゆっくりとゲルダさんのデザインを、楽しむ予定です。

色紙額でクロスステッチの作品を飾る

刺繍作品を色紙額へおさめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました