<
スポンサーリンク

色紙額でクロスステッチの作品を飾る

ニトリ色紙額1クロスステッチ

刺繍をした作品は、どうされていますか?

以前の私は、とにかく刺繍をすることが好きで、作りっぱなしでした。

どんどん、どんどん作るのだけれども、完成したら満足して、さあ次を作るという状況でした。

全部額装するのも、お財布と相談しないいけないし。

仕立てるのって、時間もかかるし、完成させるところまで技術に自信がないし。

それで、結局、作りっぱなし。

いやー、これでは残念ですよね。

せっかく作ったのだし、どうにかせねばと思い、

今年から作り始めているフレメカレンダーは自分で額に入れることに挑戦してみました。

色紙額

色紙額は、様々なメーカーさんから販売されています。

今回は、ニトリの色紙額を使いました。

ニトリ色紙額1

ニトリ色紙額

●価格
 ¥462(税別)
●大きさ
 (約)27×30センチ
●厚み
 商品サイズ (約)1.5センチ
 スタンドを使った時 (約)17センチ
●材質
 繊維板・ガラス
●重量
 (約)0.65Kg
●スタンド、吊るす時の紐が付いています。

ニトリ色紙額裏

選んだ理由

まずは、お値段です。

失敗しても諦めがつく価格であり、良かった場合たくさん揃えられる価格です。

2020年はフレメカレンダーから、毎月1点作品を作っています。

一つ良い額を買って、作品を入れ替える方法もありますが、今回は12点の額を作りたいと思っていました。

次に、大きさです。

フレメカレンダーで作っている作品にちょうど良い大きさでした。

もう少しだったところ

特に不都合に感じる部分はなかったのですが、あえて気になる点を挙げると、次の3点です。

●少し重く感じる。

●ガラスなので、扱い辛く感じる。

●フレームの色が二色。

額に入れる作業

素人仕事ですが、なるべく布にシワが入らない状態で額に納めたいので、

裏に、比較的厚めの接着芯をはりました。

手芸店に行くと、いくつかの種類がありました。

アイロン接着できるもの、厚めのものを選び、

洗濯をしたあと一度アイロンをかけた刺繍作品の裏へ、接着芯をはりました。

うっかりすると、シワになって張り付いてしまいますので、この作業が一番注意が必要です。

アイロンをかけた後、しばらく時間がたつと、またシワが気になるようになったので

少し時間を置きながら、様子を見ながら、再度アイロンをかけています

そして、出来上がったのがこちらです。

フレメ カレンダー2月−2

自分で額装してみた感想

比べるのは失礼な話ですが、プロには敵いません。

せっかく時間をかけて刺繍をしたのですから、綺麗に仕上げたい場合は

道具も技術もプロの方にお願いするのが、正解です。

どう見ても素人作業だけど、自分で作った満足感は得られます。

失敗することも考えられますが、あれこれと考えて工夫しながら作る作業もおもしろいです。

そして、刺繍に限らず絵画等でも、細かい部分までじっくりと観察するようになり、

今まで気にしなかったものが目に留まるようになり、不思議と視野が広がる気がします。

まとめ

すごく時間がかかった、丁寧に刺した、このデザインが大好きだから、

仕上げはプロにお願いしたいと思うのも、一つの方法です。

どこまで自分でできるかと、楽しんで額装するのも一つです。

他にも、出来上がった作品を生かす方法は、たくさんあります。

せっかく作ったのだから、今までのように刺しっぱなしだけはやめたいものです。

(と、まだまだ眠っている作品を思い浮かべながら、書いています。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました