Fremmeカレンダー2020年 7月

クロスステッチ

フレメ カレンダーも7作品目の挑戦です。
カレンダーになっているからという理由で、毎月作る必要もないのですが、せっかくだから毎月作っています。
それにしても、図案をカレンダーとセットにしたのは、いつ頃なのでしょう?
いつか調べてみようかなあ・・・。
ふと、そんなことを考えながら、7月を作りました。

7月のデザイン

Lesser Burdock
Arctium Minus
ノゴボウ
フレメ カレンダー1977年9月に掲載されていたもの

図案

チャート通りの色
変更後の色

大きな葉が広がっていて、それほど難しいところはない図案でした。
ただ、花の部分がチャートの指示通りに進めていくと、作品見本のカラー写真とは異なる色になってしまいました。
チャートと見本写真と、違うのかもしれません。
このようなことは、時々あるようです。
気づかなければ良かったけれど、なぜか気づいてしまったので、ネットでゴボウの写真を調べ、チャートと見本写真、この三つを見比べてみました。
結果、チャートで指示された色番とは異なる糸を使いました。
チャートは花の先にあるバックステッチが濃い色ですが、ゴボウの画像を複数見てみると薄い色が多くありました。
見本写真も薄い色だったので、チャートの時点で変化したのかと想像し変更することにしました。

使用した資材

今回使用した資材です。

●生地
 ツヴァイガルト  ベルファーストリネン 
 オフホワイト・32カウント

●糸
 フレメ の花糸
➡︎1本取りで、2本の布目を挟んでクロスステッチ(1over 2)

まとめ

植物名が分かる図案は、ネットで写真を探して見比べています。
今月のゴボウの花や葉も、じっくりと見ました。
クロスステッチをしてなかったら、ゲルダさんのデザインが好きではなかったら、ここまで植物を見る機会はなかったかもしれません。
半年真似をし続けていくと、刺繍の楽しみ方が広がってきた気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました