かわいい生地で作った「日傘」

手作り日傘ハンドメイド

日傘が完成しました。
数年前から気になっていたのですが、完成させる自信がなく、
日傘が必要な時期が過ぎていました。
今年は、思いつくのが早かったので、間に合いました。
2本目の完成です。
私にもできたので、手づくり日傘について、ご紹介したいと思います。

日傘キット

手芸センタードリームと、Amazonで購入しました。

生地

輸入雑貨のお店ラフリラさんで購入しました。
かわいい生地、雑貨等の取り扱いがあるお店です。
一定方向の柄だったので、110幅で150センチ使っています。
柄に向きが無ければ、100センチで作れます。

日傘1−3

時間

制作時間は、半日と少しです。
それほど複雑な工程もないので、思ったより早く作れました。

作ってみてどうだった?

思ったより簡単にできました。
複雑な工程はなく、同じ作業の繰り返しが、数回続きます。
8枚の布を縫い合わせ、8箇所を縫い止め、
8つのつゆ先を付けるという作業です。

難しいと思ったところ

●生地を骨に縫い止める部分
傘の骨に生地を縫い止める工程が、難しく感じました。
傘を開いた状態で、縫い止めるのですが、縫い代を小さくしている為
留める部分に余裕がありませんでした。
私には、ちょっと工夫が必要かもしれません。
布の継ぎ目は、ジグザグミシンをかけるよう指示がありましたが、
ジグザグが好きではないので、写真のように折り伏せました。
ジグザグにしたほうが、縫い止める工程が楽かもしれません。

●つゆ先を縫い止める部分
部品が小さくて、縫い止めるのが難しく感じました。
つゆ先の止め方を調べると、説明書に書いてある他に、何種類かありました。
今回は私の作業しやすい方法にしました。
この部分は、正解があるのでしょうか?
取れなければいいのでは?と思って進めました。

案外簡単だったところ

傘の骨と、縫い合わせた生地の寸法が合うのかどうかを心配しましたが、
大きく差が出ることなく、つゆ先が骨にきちんとセットできました。
最後で苦戦するのかと思っていたので、ぴったりセットできた時は、
「うわっ、すごい!」と、一人で喜びました。
それでも、完成品を見ると、端にシワが寄っているので
きちんと合っているとは言い難いのですが、
多少の差はカバーできることが分かりました。

細かい部分

せっかく作ったので、細かい部分も載せておきます。
まず、使った生地です。
とにかく可愛いデザインで、見える場所によってイラストが異なり
生地だけで楽しめます。

日傘1−4
日傘1−3

留め具のボタンは、こんなビーズを使いました。
購入先は分かりません。

日傘1−5

次に、持ち手とつゆ先は、こんな感じです。
この部分は、キットを選ぶ時のポイントとなりそうです。
竹製もあれば、細いタイプもあります。
ちなみに、折りたたみ傘のキットもありますよ。

最後に、全体は、こんな感じです。

日傘1−2

まとめ

可愛らし過ぎる日傘になってしまいました。
生地を発見した瞬間「これ可愛い!」と、悩まず購入しましたが、
持ち歩くのに悩んでいます。
次は、少し可愛さ抑え気味な1本を作ろうかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました