<
スポンサーリンク

DMC SABAE Premium(鯖江刺繍枠)

鯖江箱道具

以前から気になっていた刺繍枠「SABAE Premium」をやっと手に入れました。

とても綺麗で、刺繍の時間がもっと楽しくなるような商品でした。

しばらく使ってみたところ、使い心地も良く後悔のない商品でしたので

私の個人的感覚での感想をご紹介します。 

DMC SABAE Premiumとは?

鯖江箱

福井県鯖江市で作られているのが「SABAE Premium」です。

鯖江市といえば、メガネのフレームの産地ですよね。

鯖江市のホームページを拝見したところ

「めがねのまちさばえ」とトップページに出てきました。

国内シェアの約96%!

すごいですね。

こちらのメガネフレームと同じアセテート素材を使い、

職人の方が手作業で作られている刺繍枠が「SABAE Premium」なのです。

パッケージに見惚れる

写真の紫と黄色の四角い箱に入っているのですが、

私は、このパッケージに見とれてしまいました。

刺繍枠の下にメガネのデザインが、

台のようにも見えるし、

リボンのようにも見えるし、何とも可愛い〜。

開封前からテンションが上がってしまいました。

捨てられませんね。

使い心地

鯖江枠全体写真

刺繍枠の直径が12・5センチです。

持った感じが、一番しっくりくるサイズです。

外枠のカラフルな部分のアセテート素材は、

自然由来の材料で一日中肌に触れても安心とのことです。

顔に直接触れるメガネのフレームに使われているのですから納得です。

形を作った後、研磨粉で磨き、さらに研磨剤を使って光沢を出されているとのことで

枠の部分の手触りに何の違和感もありません。

鯖江枠拡大

使い始めに、金具部分が少しきつく感じましたが

数回使って行くうちに動きがスムーズになり

気にならなくなりました。

枠ごと飾るのもかわいい

出来上がった刺繍作品を、刺繍枠に入れて飾る方法を、最近よく見かけます。

こちらの刺繍枠だと、刺繍作品に合う色を選んで飾るのも良さそうです。

発色がとても良いけれど、作品を邪魔することもなく上品に収まる気がします。

様々な表情の商品が販売されているので、作品や飾る場所に合わせて選ぶのも楽しいと思います。

刺繍や手芸に興味がなくても

刺繍好きな方へのプレゼントとしても最適です。

そして、刺繍や手芸に興味がなくても、インテリア好きな方にはおすすめだと思います。

なんと言っても、色が良い!

どこに、どうやって飾るのか?を考えるのも楽しいのではないでしょうか。

購入先

今回は、日本ヴォーグ社さんサイトの手づくりタウンで購入しました。

参考までに価格は、4,200円+税でした。

購入先や種類によって価格が異なる可能性がありますので

購入される場合は、確認されることをおすすめします。

私のような地方在住だと、実物を見る機会がなかなかありません。

以前からカタログではたくさん見ていましたが、手にとって見てから購入しようと思っていたら

こんなに遅くなってしまいました。

ネットで注文できるのはありがたいですね。

最新のDMCのカタログにも、2019年の新色として多く掲載されています。

どれも欲しくなります。

他にもSABAEシリーズ

刺繍枠の他にも、刺繍糸を付けて収納するオーガナイザーや

指に付けて使う小さなルーペも発売されています。

オーガナイザーはDMCの馬のモチーフで、色合いが一つ一つ異なり見とれます。

使わなくても集めたくなるシリーズです。

まとめと感想

もっと早く買えば良かったと思いました。

ただ刺繍をするのも楽しいですが、お気に入りの道具が加わると

さらに楽しめるようになりますね。

なかなか刺繍が上手にはならないけれど

気に入った道具を使えば、気分良く針が進みます。

そうすれば、そのうち上手になっていますよね。(きっと)

タイトルとURLをコピーしました