<
スポンサーリンク

ダルマ家庭糸(太口)とリネンは無茶な組み合わせでしたが、楽しみました。

GOD JUL1975全体クロスステッチ

作り始めたので途中でやめることができず、一年がかりで完成させました。

「スウェーデンのクロスステッチ クリスマス・カレンダー」に掲載されている

インガ・パルムグレンさんのデザインです。

これを、手縫い糸で刺しました。

いつもと違う針の進み方、いつもと違う出来上がりとなりました。

GOD JUL1975全体

どうしていつもと違うの?

GOD JUL1975ダルマ糸

花糸×リネンの予定でしたが、赤の花糸の在庫に不安があったので

試しに、家にあったダルマ手縫い糸を使ってみました。

ただ、それだけ。

ただの偶然、気まぐれです。

別に、注文して、届くのを待っても良かったのです。

25番刺繍糸2本取りでも良かったのです。

どうなるのかな?という、ただの興味ですね。

(こういうのを面白がっている時は、妙に楽しかったりします。)

ダルマ家庭糸はどんな感じ?

GOD JUL 1975 角

さてさて、どうだったのか?ということですよね。

上の写真でも、少し伝わるでしょうか?

力強い感じに見えませんか?

実際に、それはそれは、しっかりとした出来上がりとなりました。

手縫い糸ですから、丈夫でしっかりしています。

それを、クロスにして進んでいくのですから、

リネンが、別の布になった感じです。

刺繍糸とは、針の進み具合が全く違います。

花糸だと、柔らかいので、扱い方によっては糸が痩せてしまうことがありますが

さすがに手縫い糸は、糸が細くなることなんてありません。

太口を使ったので、このリネンの目には少し太すぎました。

細口のダルマ糸を使うか、リネンのカウント数を下げると、また違ったのでしょう。

かなり針が進め辛いと感じる時もありましたが、これはこれで面白い作業でした。

まとめと感想

ダルマ家庭糸って、いろんなことができます。

フリーステッチや、刺し子などで

かわいい仕上がりになっている作品も拝見したことがあります。

多分、その記憶が私のどこかにあって、クロスステッチにも使ってみたくなったのだと思います。

今回は、リネンに手縫い糸だったので、少し雰囲気が硬くなってしまいました。

縁の辺りは、しっかりしすぎて完成後の修正が困難で、歪んでいます。

花糸だと、やはり柔らかく仕上がりますね。

今回は、極端に違うタイプの糸で試したので、余計に違いがわかりました。

生地をリネンからもっとしっかりとしたものに変えて、ダルマ家庭糸を使えば

違った雰囲気のクロスステッチとなりそうな気がしています。

生地と糸の相性を、今後も試してみたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました